読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

実直。

たるまい軒

苫小牧市明野新町5-1-27

 

国会議事堂やお江戸の会議じゃ、互いのパフォーマンスなんだろう相も変わらぬ、かみ合わない押し問答のようです。

だからどうしたということでもなく、穏やかな心持でいたいものです。

 

 

「だって、間違っているんです。」\(*`∧´)/と、賛同してほしいのか「あなたは悪くないんだよ。」(;^_^Aと言ってほしいのか何なのか、こちらに意見を求められたところで確認不足は如何ともしがたくその時点で「負け」ですから、「負け」を受け入れる度量ということも考えてほしいものです。面倒くさくて仕方ありません。

 

 

そんな昼時にも、シンプルな虚飾を廃したワンコインラーメンは待っていてくれるわけで、しばらくぶりに何でもないような事こそシアワセだと学んでしまうのです。

もちろん、創意工夫を重ね叡智を尽くした"期間限定も侮れないわけで、ついついそちらに意識が向かってしまう時だってあります。

 

 

そうはいっても、フツーにラーメンしているモチモチッとした麺を啜れば、これでいいんでないのか。これがいいんででないのか。向き合う相手をとやかく言う前にすべてを受け入れ実直という概念を思い出し、漂う麺を啜るのも大人の嗜みなのかもしれません。

 

いつでも不満げに毒づく欲求不満の意固地なネーチャンにこの一杯は内緒です。もちょこしオトナになったら教えてあげます。(笑)