読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

危機。

おにやんま
札幌市豊平区中の島2条6丁目1-5

映画のスクリーンじゃネット社会の落とし穴に人生を翻弄され、ビリビリと危機が迫り、ドカン、バキューン、ドドドッ、と激しい闘いを繰り広げておりました。ヒーローは何度殴られても、撃たれても急所ははずれ立ち上がり、肉体戦にも頭脳戦にも勝ってしまうわけです。

監視が付きまとうネット社会って怖いですね。などと、まったりとキーボードを叩いたところで、たわいもない人間ですから、監視係りの方スルーしてください。(笑)

危機意識なくラーメンです。

あの系譜です。パンチをくらうかと思いましたが、マイルドチューンな塩ラー。ヒーローではないので、これくらいがいいのかもしれません。

うすら寒い体育の日。52年前もホッカイドーはこんな感じだったのかな。

少しくらいはカラダを動かした方が良いかと、JOGすれば何とも微笑ましい風景。

自分が羽織っていたMA-1ジャンパーを可愛らしいお嬢さんに渡すとそりゃ崩れんばかりの笑顔になること請け合いです。昔も今も、多少太っていいようと"やせ我慢"が脈々と受け継がれる男の美学だということを垣間見る公園です。

これで、「うんもう、彼氏ったら優しいんだから。」という思いが蓄積されれば、数多の危機も乗り越えられるでしょう。お幸せに。