読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

越。

 

ラッキーピエロ 峠下総本店

亀田郡七飯町峠下337−11

 

運がいいのか悪いのか・・・まあ、生き永らえているわけですから運がいいわけで、幸運な道化師は誰にも微笑んでくれるようです。

 

 

誰しも越えなければいけない「峠」というものがあり、「峠」という文字は「山」の右に「上」と「下」というパーツで構成されており、いい得て妙です。

下り坂の我が身にも響いてくるもあります。

 

 

ネイティブが語ります。

「〇畑牧場がいったんは咲いたはずなのに元気なさげなのは、売り上げ欲しさに何処にでも手に入る都市へ進出した。」そうで

他意はありません。他意は。

規模の拡大≒大都市出店を目指す。安定供給&品質の維持≒地域に根差す。どちらも正解です。

 

1435?幅の高速鉄道に乗って向こうから来る人の多さより、こちらから向こうへ行ってしまう人の多さを憂いてしまうのは、人口数千人の町からほぼ200万人の街へ来てしまった自分がそうなってしまったからです。交通と情報とが繋がるということは、双方向ではあり得ないという側面を孕んでいる事など考え始めると少し面倒くさいのです。

どんな手段でも、其処に行かなければ味わえない。其処にある旨さは大事です。