読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

特別。

ラーメン 中央区

 

凡の風

札幌市中央区南8条西15丁目1−1

 

何でも平年並ということを前提として世の中は回っているのです。この例年とは違い記録的。特別でなまら寒い気候というのは如何ともしがたく、「それでもなんとかしろ。」と電話の向こうで毎日叫ぶオッサンの周りはきっとハワイやグアムのようなのんびりゆったりとした温かで穏やかな南国なのかもしれません。(バカバカしいのでケータイに出てあげませんでしたが。(笑))

ラーメンの後、少しはカラダを動かそうと行った体育館の石油ストーブは撤去されており、ボイラーの煙突のアスベスト問題は解消されたようです。騒がれると行政は迅速です。日常に戻っています。

 

 

休日は迅速な行動が必要で、開店まもなく入店です。この純鶏出汁醤油+九条ネギの一杯は、ネギを粗末にするわけにも行かず、飲んじゃったじゃないですか。(笑)

 

 

テレビの中じゃ、池上先生が温暖化やら台風やら地震やらをいつもの優しい語り口で解説しています。これからは、今まで通りはたまた平穏とは異なる特別なことが起こるそうです。

 

 

困ったであろう現実を知ることは大事ですが、数多の災厄に不安を抱え怯えて生活をするのも何ですから、其処は其れ、普段は定休日でも祭日はフツーの顔して美味しい一杯を出してくれるラーメン屋さんの特別はありがたいものです。