読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

自己。

ラーメン 中央区

竹本商店 海老麺舎

札幌市中央区南3条東2丁目4 二条GCビル

 

年末になると、特番ばかりです。仕方がないので、妄想女子の森山みくりちゃんをもう一度観てしまおうかという欲求にとらわれてしまいます。

「この場合、この事象、この様態はかくあるべきなのでる。」と思ったところで、うっちゃられることもあります。

自由な世の中です。自己の権利が大事な世の中です。自己主張が大切な世の中です。思いのたけを叫び、声を荒げ、騒いだ後はスッキリするそうです。酸いも甘いも噛み分けると思い込んでいたいい大人は、波乱を起こして立ち去り、残った者はルンバの如くあっちこっちと動き回り後始末に追われます。

 

どれもこれも、ただの自己本位な思い込みであり、それは自己本位な結論への期待であって、裏切られたと嘆いてもそれはそれで、自分で自分を諌めることしかできないんです。

 

今日の道路のように、スベル、転ぶ、一人で照れ笑い。帰結する先はすべて自分です。

面倒くさいったらありゃしません。

 

そんな日もラーメンを啜る事ができるのも、自分のおかげなんです。ラーメン屋さんのおかげです。(笑)