読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

寛容。

 

煮干しらぁめん なかじま

札幌市北区北35条西4-1-1 サトービル 1F

 

不機嫌な職場も休みになってしまえば、どんな個々人との関係、あるいはどんな集団であろうとやっぱりこの辺が足りないからギスギスするんだろうと「寛容」の言葉の意味を改めて考える朝です。天気予報やワイドショーってやつは朝から一つ見れば十分で、昼になっても同じネタ、ましてや同じチャンネルだったら、同じ父さんが同じコメントを繰り返すわけで、違うことを言い出したらバイキンマンあたりの仕業かもしれないわけで、アンパンチをくらわせに行かないといけないんです。

 

 

かといったところで、炎天下の夏だろうと−10℃の冬だろうと休みの日は同じ行動を繰り返してしまうのも前出のワイドショーと同じようなもんです。

 

 

なかじまさんはちょっと変わっったことをしてくれました。背脂ON!少し濃い目の醤油味!ピロピロっと麺を啜れば・・・γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

いい意味のアンパンチくらっちゃった。(笑)

 

 

 

寛容⇔狭量or厳格ってことらしいです。

どんなとき、どんな場所でも、少しくらいいい加減で大らかな心持ちでいるほうがいいんです。

 

年末の美味しいラーメン。おかげ様でおだやかな正月を迎えられそうです。