じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

故郷。

 

ラーメン山岡家 東雁来店

札幌市東区東雁来7条1丁目4

 

アベノミクスで、人手不足で、かといって景況感は良い訳もなく、正月で連休だからと海外へ行く家族連れやらアンチャンやらネーチャンがいます。街角のにわか経済学者は、何をどう関連付け理論を整える術を知りません。(笑)

 

 

ゼロ(マイナス?)金利政策、公共事業の予算増額、世の中にお金を回そうとしてところで大企業の内部留保が膨れ上がるだけです。富めるものは富み。そうでないものは・・・。

大手広告代理店の未払い残業、過酷な労働・・・。マスコミは自分の勤務先が同じような状態で、取引関係にあり、かなり近い立ち位置にいたととしても「初めて知った、それはけしからん。」となるわけです。カイシャの利益≒サービス残業の蓄積≒守銭奴(経営者)の蓄財以外の何物でもないんです。多くの方は程度の差こそあれ同じでしょう

 

そんな感じなわけですから、暴れん坊将軍水戸黄門隠密同心必殺仕事人遠山の金さん大岡越前銭形平次はたまた桃太郎侍がいない今、命まで取られちゃ大変ですから逃げるという方法もありかもしれません。其れは其れとして、こんな雪の日も逃げずにいてくれる山ちゃんです。

 

 

ちょいと北海道を離れて暮らすボンズです。

「イヤー、ホッカイドー寒いわ。」「昼は、山岡家行くんなら付き合う・・・。」

確信犯です。(^∇^)

 

 

「いやー、美味しいね。」

 

 

「だろ。」

 

生活が永くなれば、都会に染まってしまうのも仕方ないけれど、たまには寒い雪の日にこの地でこの一杯を啜ることも故郷を確かめる一つの手法で、I LOVE ヤマオカ 魂が遺伝している事を嬉しくもあり嬉しくもある、オーメ・ヤワメの一杯なんです。