読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

常識。

山岳部

f:id:hankakusaizou:20170108152448j:plain

藻岩山 531m

ハツラツとした顔、清々しい顔、苦しそうな顔・・・まあ、いろんな顔がありますが、すれ違う見ず知らずの方々は、山の中だけかもしれませんが「こんにちは。」「お疲れさん。」と挨拶を交わし、時には狭い道を譲り合い山を目指すわけです。

f:id:hankakusaizou:20170108152500j:plain

翻って見れば、平地の日常生活は糧を得るために職場に行くのですが、中には仏頂面、それなりの付き合いがある知り合いに挨拶はできず、オレサマは進路を譲らないわけです。

其れも之も、何らかのテーマを果たす中で利益追求を目標とする集団なわけですから私利私欲、損得、何らかの計算が働いているやもしれません。(本当はただの面倒くさい人間なんでしょうが(笑)

f:id:hankakusaizou:20170108152519j:plain

「だんご(ピノキオチューン)的な何処かのアジア系のご家族作。

f:id:hankakusaizou:20170108152526j:plain

登山ってやつは、誰しも山の頂きに歩みを進めるのが目的で、損も得もないわけで得られるのは無償の自己満足やら達成感やら。

面倒くさいやつやら守銭奴たちに翻弄される日常から抜け出すにはいい場所かもしれません。「得る利益はなくとも、挨拶や相手を慮るという「常識」や寛容や謙譲といった「心持ち」を身に着けたらどうなんだ。」と、低い山でも山は山だけに上から目線で平地を見下したりして。(笑)

気持ちのよい半日登山。(^o^)