読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

富。

ラーメン 豊平区

f:id:hankakusaizou:20170123203834j:plain

麺屋 つむぎ

札幌市豊平区平岸3条13-7-12

国益第一」という話がアチラコチラで驚きを以て騒がれているようですが、そうはいっても大航海時代あたりは経済の発展の挙句、更に多く、もっと多くの富を手に入れようとアフリカやアジアにやって来ては、為替差益という事を知らない幸せに暮らしていた民を騙して収奪に熱心だったわけです。金が採れた日本には諸外国が銀と不利なレートで兌換し、たくさんもって行かれたじゃありませんか。まあ、グローバリズムも似たようなもんで、米国が主導した概念でもあったはずです。どちらにせよ、グローバリズムも、保護主義も、だんご3兄弟が提唱する「自分がいちばん」というのと同じようなもので、弟想いや兄さん想いといった兄弟に囲まれようと関係ないわけなんです。ただ単に目を向ける方向が、時勢に応じて変わってしまうんだからしょうがない。

私利私欲なだけ。感謝などあるわけはない。だって「自分がいちばん」なんだから。(笑)

相撲はいいもので、ドラマがあります。苦節15年。「優勝までずいぶん長くなったが、たくさんの支えがあって、ここまで来られたと思う。今場所勝てたのは、『一日一番』の気持ちでやった結果だ」いいじゃないですか、置かれた状況が変わろうともひたすら同じことを続け、精進する。其処にたどり着いたら、まずは周りの人に感謝する。

そんな殊勝な事を考えつつ啜るラーメンです。

f:id:hankakusaizou:20170123203837j:plain

"自由貿易の枠組みを作ろう"という言い出しっぺが梯子を外したところで、右往左往するほどの脆弱な経済基盤で在るはずはなく、ちょいと考えて見て下さい、細かなことはさておいて、国に1000兆円の借金があるということは、貸している人がいるわけで、大体の貸している人は同じ国内にいるんです。ちゅーことは、それと同じだけの富を国民が所有しているということになるわけですから、ポーカーよろしく欺くには動揺したフリをしてあげるのもいいのかもしれません。

そんなわけで、何があろうとその地に根っこを生やして泰然自若。立会で変わるなどのセコイ技を見せないあたりが横綱相撲ですから、このお店もナンピラに太い根っこを張っていって欲しいと願う者の一人です。