読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

佐斯国。~ラーメン編その1~

ラーメン

f:id:hankakusaizou:20170218223051j:plain

杉田家

横浜市磯子区新杉田町3-5

メモリアルな一杯となりました。

「家」系というものは、かくも小宇宙が広がり、芯はしっかりとしつつも貴方好みにチューンしても良い存在だとは知りませんでした。

f:id:hankakusaizou:20170218223103j:plain

井の中の蛙「家ラー」を少し知るわけで。

f:id:hankakusaizou:20170218223122j:plain

現場へお急ぎの方、ジブンチューンを楽しむ方。朝飯がラーメンの方。何であろうと、朝からこの一杯を食する方々に敬意を表する次第です。

数多の家系を知る由もありませんが、これでもかというほどの春一番の中、向かい風に逆らい、歩を進める。

一生懸命は、一懸命。

立ち向かう勇気があれば、朝からラーメンも食えます。

願いは、身近な愛するヤマオカさんにおろし生姜を卓にサービスで添えて貰えると、嬉しいかもしれません。(あくまでも願いです。たかるつもりはありません。お金払います。)

ハマといえば「家系」。まあ、「あれはこうでなきゃ。」といった奢りににも似た固定概念ができつつある今、自分を諌めることも必要です。謙虚「家系」

ぐもにんラー。それがいい。それもいい。(笑)