読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

素地。

f:id:hankakusaizou:20170222205949j:plain

らー麺 シャカリキ

札幌市豊平区平岸2条3丁目2−22

アジアの冬のスポーツ大会が行われているようで、「メダル3個を一国で独占してはいけない。」というルールがあるようで、"金銀+パールプレゼント"的な。はたまた、"遠足のおやつ300円の中にバナナは含まれるのか否か"などという論戦やら意味不明な事を感ぜずにはいられません。

f:id:hankakusaizou:20170222210055j:plain

いかんせん、そういったバックグラウンドといいますか、素地があってこそのモノですからホッカイドー出身の方々の活躍が多いというのもうなずけます。

雪が少なくただただしばれる地域に生まれりゃスケートに馴染み。毎日毎日雪が降る地域に生まれりゃスキーに馴染み。でもって、余市あたりじゃ、中学生くらいで竹鶴ジャンプ台を飛んだらオトコとして認められる禊みたいな風習もあるようで(汗)、余市に生まれなくって良かったと思う次第です。

f:id:hankakusaizou:20170222210013j:plain

そんなわけで、しばらくぶりのシャカリキさんでした。

どの季節も良いんですが、無料トッピングの辛揚げが、春を早く迎えようと至るところで排雪作業をしている冬の終わりには、とてもあずましく、必死にヤサイ(モヤシ)と格闘する隣の父さんに「ヤサイスクナメというおまじないを唱える方法もあるよ。」と教えてあげたい昼時でした。

麺スクナメ。ヤサイスクナメ。ニンニクスクナメ。辛揚げトッピングの一杯です。

素地がしっかりしているからこそ、どんなチューンでも成立する。

今日の自分に丁度いいチューンです。美味しかった。