読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

成長。

f:id:hankakusaizou:20170317192740j:plain豊平峡温泉

札幌市南区定山渓608-2

春休みでしょうか、あんちゃん、ちゃんねーが集う日帰り温泉です。先程まで同じ露天風呂にいた図体のでかいあんちゃん方は、さながらニンテンドーDSと同じようにスマホをちょしながら、得点をあげようと匠の指導を元にゲームに興じ。ちゃんねーたちは「あ~、これカワイイ。」「マジ、ヤバイ。」「じゃ、これは?これは?」「カワイ~ィ。」

男の子はいつでも少年のような心を持ち、女性は若くてもそうでなくても三人よれば姦しいわけで、いつの時代も若さというのはハツラツとしていて良いもんです。肌が水分をはじかなくなってしまった今になってこその大らかさなのか、温浴効果のゆるゆる加減なのか・・・兎にも角にも平日の温泉はゆったりと時間が流れます。

f:id:hankakusaizou:20170317192758j:plain

そんなわけで、風呂上がりにカレーばかり食うわけではありません。ご自慢のカレー。ご自慢の蕎麦。そして、ご自慢のジンギスカンがあるじゃないですか。何かあったらジンギスカン。何もなくてもジンギスカン。

f:id:hankakusaizou:20170317192830j:plain

柔らかな厚切りのラム肉。秘伝?のタレ。(キャロットあたりにあったりして、失礼。(^_^;))

今も昔も精神年齢の成長というものは大多数においてほとんどありえず、未だにラーメン・カレー・ジンギスカンに執着するのは自然体であり、脱衣所の鏡に映るお腹の大きさは別として、自分も大体は成長していない証拠です。(笑)それがまた源泉かけ流しで迎え撃つ温泉があることが、有難くもありホッカイドーに生まれた者の定めを知るには、大変喜ばしいと思う時もあります。