読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

春と冬。

f:id:hankakusaizou:20170505163224j:plain

手稲山 1023.1m

近くは見えづらくても遠くはよく見える初老ですから羊蹄山も見えてしまうもんです。写真じゃほんのちょっと白くぼやけているわけで、へなちょこスマホの実力ですからしかたない。

f:id:hankakusaizou:20170505163234j:plain

平地から山頂を見上げれば雪が残っているのがわかるのですが、せっかくの好天。アタック。

f:id:hankakusaizou:20170505163248j:plain

なんですが、空気は春。足元は冬。

テイネハイランドから登り2時間弱。降り40分。降りはすこしだけ面白かったりして、真偽の疑惑が残るアポロ月面着陸後の二足歩行みたいなもので、歩幅を大きく蹴りだせば、フワッ、ザクッ、フワッ、ザクッ、と軽く前に進む。(^^♪

そんなことをしていると、コケたりして・・・(*ノωノ)

まだまだ春スキーを楽しんでいらっしゃる皆様、ゲレンデの端に足跡やら尻もちの跡やら残してきたのは自分です。

山頂にはおっさんが三名いました。夏山にはまだまだのようです。