じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

パフォーマンス。

f:id:hankakusaizou:20170510215850j:plain

丸亀製麺 牛とろ玉うどん

釜揚げかけ並み290円だというのに、プレミアムな一杯は690円!でもいいんです。満足度大。

甘しょっぱい味への誘い。日本人なら誰しも思うであろう、ちょいと濃いめの味が嬉しい外食の基本です。オーダー後に目の前で拵えてくれる牛スキ。こういったパフォーマンスもいい感じです。

パフォーマンスといえば、相も変わらず所属する組織の中じゃ、自分が一番的な輩の多さに辟易してしまいます。

f:id:hankakusaizou:20170510215906j:plain

「公共の福祉」という言葉がありますが、派遣社員の方が来てくれるというので、デスクを用意し、「ここをこう寄せてずらして、この位置に・・・」というプランを周知した挙句の移動作業。なんでもないようなことに、たくさんの船頭さんが不平不満、あーでもない、こーでもないと後出しジャンケン。船頭さんがたくさんいても、船は前に進めません。

かと思えばオトコは背中で語るものらしくゴルゴ13気取りなのかな?)、1メートルほどしか離れていない後ろの作業を手伝おうともせず見て見ぬ振りができる御仁。さすがに大御所です。

f:id:hankakusaizou:20170510215911j:plain

だいぶ前に高松でうどんのはしご(一日5食)をしたことがありますが、どの一杯も、早い・安い・旨い。おまけに、数多の手打ちうどんの列強が存在している中に共存しているトリドールシステム。

そんな幸せが、このサッポロにもたくさん存在している。

以前お世話になった高松生まれでうどん県ネイティブの御仁が丸亀旨いうどんの基準にするといいですよ。」と教えてくれました。

もちろん、札幌赴任中に「んじゃ、ここのうどんは?」と連れまわしたら、中にはたいそう喜んでくれるお店もあり感謝されました。

そんなわけで、「必要なパフォーマンス。」「無意味なパフォーマンス。」できうるなら、多少は自分の思い通りにならなくっても自分の思いが8割くらい満たされたなら、それはそれで幸せな一日なんだろうと思うのです。

もちろん、パフォーマンスとともに、こんな一杯出されたらたまらなくうれしい一日だということで、ギスギスしたへんてこりんな人間模様もスポイルされてしまうんです。(笑)