読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

事実。

f:id:hankakusaizou:20170513220007j:plain

平成軒

札幌市東区雁来3条1丁目2−8

利益というのは、もちろん事務所内になくって事務所内にあるのはすべて経費です。では利益がどこにあるかというと、事務所の外側に存在しているわけで、その利益をいかに善人ぶって効率よく引き込むかというのが課題でございます。

今日も出ましたPDCA。カタカナや英語にするとニュアンスがふわっとして曖昧になるから便利な言葉なんでしょう。

お互い様ですが、長時間、他の部署の報告と上長の的外れなコメントを聞いていると、「そったらこと、読めば分かるんだから省略しろよ。」「おまけにその数字って虚飾でないの?」「もっと、きれいごとでなくって現実的な指示ってないものかね。」などと言葉に出してはいけません。儀式ですから。(笑)

f:id:hankakusaizou:20170513220048j:plain

人が集まれば、私利私欲、実態そっちのけのパフォーマンスの報告書、事実を書けばあげつらうのがシゴトの上長。・・・・面倒くさいったらありゃしない。

f:id:hankakusaizou:20170513220108j:plain

栄枯盛衰は世の習い。高度成長を経験した組織は、いつまでもイケイケこそ成長の秘訣で、虚飾だろうとなんだろうと、そうあらねばならないわけで、不都合な真実は受け入れられないわけです。

丘珠あたりからの変遷もありながら歴史を見つめ、480円で出してくれるこの一杯には昔風ラーメンという名乗る「真実」があります。

これで利益が出ているのかどうなのかわかりませんが、父さんと母さんは今日も笑顔で元気にお店を回しています。まったく関係ありませんが、低成長社会の中、ペーパークラフトのノリシロと同じようにゆっくりと存在していることがまだまだ世の中にとってはいいことなんだろうと思います。余白のないギスギス感は疲れるってことです。