読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

日常。

f:id:hankakusaizou:20170516201546j:plain

ラーメン山岡家 東雁来

札幌市 東区東雁来7条1丁目4

人それぞれ日常ってものがありますから、ここんとこ寿司も食い飽きたのでラーメンです。(笑)

(一昨日は自分の意志で回転寿司。昨日はおもてなしを受けカウンターで寿司。ごっちゃんです。)

f:id:hankakusaizou:20170516201602j:plain

昨日、寿司を食べていると、御仁が「このお店は冷凍マグロは使わなくって・・・」と解説をしてくれたのですが、心ここにあらず、次から次に出てくる握りに「マグロの漁獲高は・・・」「噴火湾ホタテが苦戦」「イカが獲れなくって・・・」などと無粋なことが頭をよぎっていました。

でも美味しかったから、あっという間に忘れちゃいましたが・・・(笑)

f:id:hankakusaizou:20170516201605j:plain

(脂)多め、(麺)やわ目の醤油ラー。

事務所じゃ、お局様が複合コピー機の位置をずらしたのが気に入らないと騒ぎ立て「だって、私のデスクから遠いんです。」と草食動物を動員して移動。

あんたは遠くなったかもしれないけれど、ほかの方は近くなるわけで、あんたに近づければ他の方は遠くなるんです。だって地球は丸いんだもん。

「0.1トンほどのカラダなんだから、遠いほうがいいんでないの?」と言ったら大変なことになるから黙っているのがオトナってもんです。

カラダと声のデカいヤツの意見が通る日常。自分目線は大事です。だからといって、全体を俯瞰する目線もあってもいいんでないのかな?自分目線しかないお局様は、やおらがぶり寄るのが関の山です。ドスコホイ!毎日、不平不満、文句しか言えない人の幸せっていったい・・・。

文句も言わずせっせと自分のための一杯を拵えてくれる厨房。自分の日常に寄り添ってくれるのは、特別な寿司ではなく嬉しいラーメンです。