じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

感謝。

f:id:hankakusaizou:20170601210822j:plain

そば ほし乃家

札幌市西区西町北12丁目7−10

めんどうくさい奴がいるんですよ。な~にぃ~!

人に何かをお願いするときは「お願いします。」何かをしてもらったら「ありがとうございます。」ちゅーのが、ニッポンの常識です。義務教育で習ったしょや。

そんなことができない、食卓嘱託の元上長であるというのが情けない。(自分のPCじゃアクセスできないデータなもので、毎月そのデータのリクエスト、普段は知らない間にデスクの上にペーパーが置いてあります。今日はたまたま、そのペーパーを配っているときデスクにいたのですが、無言で置いて行く。バカだわ。(笑))

バカは死んでも治らない。

いずれはバカになる前に、ココロ静かに蕎麦でも食って落ち着くことにします。

f:id:hankakusaizou:20170601210832j:plain

なんですが、クオリティってのを感じるのは難しいものです。雰囲気というのか毎日顔を突き合わせていれば、普段の素行に目上とそれ以外の礼節を使い分ける様なんぞに気づいてしまえば、こんな安っぽい人が・・・

そんな風景もいろんな組織にあるんでしょうね。

尊いのは、パフォーマンスでなくって、もくもくとただひたすら根っこを支えてくれる方たちです。そんな人たちにこそありがとうと言うべきで、毎日毎日、おいしくなぁれと蕎麦と向き合う姿には感謝せずにはいられません。

同じお金を払えば、総理大臣も社長もサラリーマンにも同じ幸せが味わえるという日常の幸せを教えてくれる、更科蕎麦と野菜天丼に「ありがとうございます。」と思ったところで罪はありません。美味しかったなぁ。