じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

グレー。

f:id:hankakusaizou:20170620215832j:plain

まいど

札幌市北区新琴似7条16丁目4−23

パンダのお子さんが生まれたそうです。近々、白黒の熊になるそうで、”かわいい”と騒いだところで同じ檻の中に入って転がして遊ぶ勇気はありません。だって、ですよ。

たしか、ユーラシア大陸にいる熊もアメリカ大陸にいる熊も、大体の熊って雑食の動物のはずで、木の実(植物)や魚あるいは小動物やらの動物性たんぱく質を食べていたはずです。でもパンダは食べるものがなくなって笹を食べるのが身についた云々だったと思います。

どの組織もそうなんでしょうが、白でもなく黒でもない、濃いグレーか薄いグレーなんだろうと思います。時短だ働き方改革とかで、タブレットを持って効率化を目指すと言われたところで、申請のガイドラインは至極曖昧で、現場を知らないというのか、具体的な利用方法への想像力が働かないわけです。あのシステムへのアクセスははダメ、ここもダメ、おまけに、「利用状況は都度確認します。」(アクセスしたログを監視するかんね・・・。)的な。監視された挙句、共謀罪で立件されたりして。(笑)

まあまあ、残業の申請は悪であり、サービス残業当たり前。何か問題が起きれば、本社は出先を、上長は部下を、先輩は後輩をDISることで安心を得る。という数十年かかって出来上がった企業文化あるいは伝統というのは一向に変わる気配はありません。

f:id:hankakusaizou:20170620215851j:plain

ラーメンです。24周年のようです。ほぼ四半世紀・・・永いです。凄いです。

f:id:hankakusaizou:20170620215956j:plain

 そらまあ、続けていればいろんなことがあるでしょう。

f:id:hankakusaizou:20170620220029j:plain

 

「申請すればカネがかかる。」よく考えろと言っておきながら「本当に、タブレットを申請しなくて良いのか?」と、半分恫喝気味に返すコトバが立ち位置の違いを物語っています。(-_-;)

置かれた環境で、一つの事象が黒にも白にもなる。面倒くさい世の中です。

 

きっと、たどり着きたい先は富の蓄積の多寡を競うことではなく、生きるということなんだろうと活舌良いレジの笑顔を見て想像してしまいます。

野菜の甘味、旨み。太めの黄色い縮れ麺。合わせ味噌の醍醐味。

 

時代に合わせた変化は大事です。悪習は改めるほうがいいです。

 

変わらないでほしい、ファミリー喜ぶ軽めのサッポロラー。半世紀を目指してください。