じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

仲間。

f:id:hankakusaizou:20170628211250j:plain

ぱる亭

北広島市栄町1-1-2 パルシティビル 3F

ワンピースという宝を目指して冒険の旅をする男はきっと、物質的には何もないところにたどり着くのだろうと思います。連載されている漫画雑誌のモチーフが「友情」「努力」「勝利」なわけですが、きっと、一緒の旅で友情を育み、数々のトラブルにめげないで立ち向かう努力、旅のプロセスの中での数々のエピソードの中で得られるものは「仲間」(PAL)という勝利ということなんだろうと思います。

振り返ってみれば、

f:id:hankakusaizou:20170628211258j:plain

夕刻には、デカい高級車に乗った私利私欲の権化のような小っちゃなおっさんがほぼ殴り込み状態で同僚のもとを訪れます。当然、友情もなければ、酒を飲んだ時だけ口に出る「何とかしてやるから話を持ってこい。」と、仲間を装ったのははるか昔の事のように、理解しようという姿勢すらない、怒り心頭でございまして、なんというのか、ご都合主義です。結局は回りくどく、欲しいのはカネです。(不安になっているようです。)モチロン予算は織り込み済みなのです。f:id:hankakusaizou:20170628211309j:plain

かと思えば、昼時は「晴れオトコ」だと、半分以上お世辞で歓迎されます。いい気になって、同席したあんちゃんにあんかけ焼きそばを「いいのいいの、今日の昼飯代浮いた分ほかの誰かにご馳走してあげる。そうすると、その人がまた違う人にご馳走してあげる。そうやってお金は回っていくんだから。」などと、わけのわからないことを言って会計を済ますイイフリコキ。(笑)

初夏の日差しの中、互いを少しだけ理解し、たわいのない会話で過ごすランチタイムこそありがたいものです。

カネの収奪を目的にした大きな声の話し合いよりも、互いに理解しようとする姿勢がなければ、大小は関係なくプロジェクトはうまくいきません。

視界に入る者に次から次へとやってくるいい事も悪いことも、明日は我が身です。信頼できる「仲間」は大事です。ただ、そんな「仲間」がいないと思ってしまう昨今が不運です。(笑)