じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

成る。

f:id:hankakusaizou:20170726055132j:plain

じぇんとる麺

室蘭市中島町1丁目14−10

完成されたものは「なるべくして成る」というのか「そう成るようになっている」わけです。例えば、カップ麺やレトルト品は、そう調理すれば作り手の描いた味が再現できるということです。

f:id:hankakusaizou:20170726055158j:plain

カレーラーメンのための麺。カレーといえば、ジャガイモ、肉(豚肉が好きです。牛肉は旨いんです。でも馴染みがないだけで否定はしません。)ガラムマサラ。 トンコツスープで溶かしたカレー味。とろみのある汁になまら良く絡む縮れ麺。麺を啜り終われば、汗水流して摩り下ろしたジャガイモのザラッとした感じ。

f:id:hankakusaizou:20170726055220j:plain

今日も、アンちゃんが頑張ります。

計画は計画で100%それを全うしたいようです。ですが前提となっている現実はそうではありません。したから、「そうはできないから、見直してはいかがでしょう?」と、言ってしまったわけです。したっけスイッチが入ってしまったようで怒り心頭。猪突猛進。なんでも安売りドンキホーテのようです。

f:id:hankakusaizou:20170726055423j:plain

人のやることですから完璧などありません。自分の数十年の経験則ではこういった場合、100%の確率で計画の見直しがあったりするわけです。

そのうち、「計画変更のための屁理屈のネタ集めにお手伝いを・・・。」となるのが未来予想図です。

とはいっても、兎に角血気盛んなわけですから、こちらから場を収めるのが度量というものです。ニヤつくのを気づかれないよう頭でも下げておきます。(笑)

カレーラーメンの叡智の集積は胆振地区の名物となり、聞き耳を立てるとカウンターに並んでいる御仁は「九州から来まして・・・」とおっしゃっておりました。本当であれば凄いです。たしなみをネットか何かで学習してきたようで、ライスダンクも堪能、ナベコワシかと思うほど一杯の丼をきれいにして「ごちそうさま。」と笑顔で帰っていきました。

やはり、ご当地にはご当地の味があり、エアコンがなかろうとカレーへの誘いは譲れない思いなんです。