じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

二択。

f:id:hankakusaizou:20170813075652j:plain

ドライブインかなや

山越郡長万部町平里12−7

懐かしいフレーズを思い出してしまう地名です。

昭和のこの界隈は休日ともなると、地域、職場の団体旅行がバスを連ね広い駐車場に次々と飲み込まれたものです。

今じゃ廃墟と化したドライブインの数々。当時はそれだけの需要があったんでしょうね。

生産年齢人口="消費"年齢人口なわけで昭和の高度成長というのは自分たちで需要を作り出し、その循環で賄っていた部分がけっこうあったんだろうと思います。そんなニッポン経済を支えた団塊世代が老齢化し、いろんなところで富は蓄積されているのだろうけれども、なかなかそれが世に出回らない。

変わって行く時代のなかで、変わらないものがあったっていいじゃないですか。

三時のおやつは文明堂と同じくらいオシャマンベはかにめしor三八飯店と二択になってしまうのも仕方ないんです。