じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

賄。

f:id:hankakusaizou:20170814183223j:plain

山岡家 藤野店

札幌市南区藤野2条13丁目231

次から次へとファミリーです。日本全国お盆ですから、カウンターにたたずむ面々は肩身が狭い・・・(笑)そんなことを気にしてもしょうがないので、老齢化がとどまらない地域に存在する藤野店です。

f:id:hankakusaizou:20170814183234j:plain

自分の記憶が正しければ、札幌オリンピックが1972年でそのあとに新興住宅が造成、分譲されたんだと思います。時は流れ、あれから40年ほど。この地区に限らず、サッポロの南側は新陳代謝をしてはいるものの街も人も年を重ね、生産も消費も低迷し、ヘナチョコグルメの暗黒街と化しているわけです。

住所を書き込みするのにWebを検索すると一番上には求人サイト。

f:id:hankakusaizou:20170814183255j:plain

生産と消費はイコールだということで、決してラーメンが悪いわけではなく、消費する人も生産する人もその地域内で賄えることが理想です。

天下の国道の往来があるが故の昼時。テーブルを囲む家族連れの皆様の笑顔。

関係ありませんが、先ほど行った日帰り温泉には、犬の散歩をする姿を見たことがあるおばちゃんがいました。風呂に入る人。それを支える人。やはり、その地域内で賄っているんです。

そんなことを考えると、いつものガツンとくるヤマオカテイスト抑えめな感じが生きていく術なのかもしれないと邪推してみたりします。