じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

回転。

f:id:hankakusaizou:20170822183117j:plain

幸楽苑 東苗穂店

札幌市東区東苗穂一条2丁目3番25号

せっせと回る回転釜がいい動きです。見ているだけで美味しそうなのですが、塩ラーメンだけでいいです。(;^_^A

f:id:hankakusaizou:20170822182833j:plain

しばらくぶりにまとまった雨でした。

イカもサンマもカニもどこへ行ったんでしょうねぇ。

考えてみれば、海にいる魚ってのは農作物のように人為的に育てることはできずらいわけで、鮭やサーモン辺りはうまくいっているような気がします。

TVのニュースを見れば、突風、ゲリラ豪雨、雹・・・。なんとなく「急に」ってのが多くって、南方の島ではスコールってのがあったりして、一度だけ「あっ、来るな来るな。キター。」っていう経験があります。

どこからきてどこへ行くのか・・・そりゃ魚たちに聞いてみるしかありません。

とはいっても、この地球上では地表より海面が多いのだから海の勝ちです。

気象観測を続けたところで、集まってくるデータの多くは地表のデータの蓄積でしかないわけです。

地球温暖化は人間の経済活動の結果なのであると神妙な顔をして嘆く人もいらっしゃいますが、なんせかんせ、海のほうが広いですし、水という液体の蓄熱量のほうが勝っているとおもうわけで、(地表は日が当たらないと極端に表面温度が下がる。水は一日で10℃の温度差になることってないっしょ。)温暖化においては、そっちの影響が大きいのだと思っています。

結局、打つ手はないのにも関わらず、エコという商売が称賛され続け、もっともっとという無限ループに入っているわけで、サラリーマンの営業ノルマと似ています。

回転釜は文句も言わず回り続けます。人は時に回り続けることを拒みます。(笑)