じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

読む。

f:id:hankakusaizou:20171001175613p:plain

先日も書き込みしたのですが、求人内容ってやつは、そうなりたいと企業側が思う理想像を書き込んでいるわけです。

まあ、元々「雨風をしのぐ家がある。贅沢でなくても食べるものがある。少しだけのお酒が飲める。」のが幸せだと思っているわけで、時給でもたぶん死にはしないだろうと思っているわずかばかりの蓄えがあり、「ストレスは無い。金は無い。時間はある。ゆるゆると年金受給までのんびり。」を目指して、早めに正社員を辞めちゃったわけですから。

とはいっても、そこそこ働く必要はあるわけで、”時給”の仕事を探してみると、契約社員準社員、ってのも結局は時給なわけです。(まあボーナスやら手当の若干の差はありますが。)

今のところ解ったこと。

①経験不問:ウソです。同じ業界なり、関連して求めるキャリアと合致しないと見向きもしません。

②年齢不問:ウソです。一義的にはそれなりの現在の組織体制の維持が目的ですから、求める年齢はあります。ましてや、中途で入った方の上長がやたら年下だと調和が乱れます。(ましてや、正社員登用あり。というところは、希望する年齢が間違いなくあります。)

③みなし残業〇〇時間:ウソです。給与の「みなし残業〇〇時間含む」というのは、現実的にその1.5~2.0倍の残業時間があります。しかも超過した分はサービス残業という感じが多いです。(面接時に聞いた、月平均残業何時間くらい?平均的な手取りは?に整合性が見いだせません。)

てなわけで、高時給の派遣会社にコンタクト。

システムがなまらわかりやすい。「賃金は(時給×時間)+交通費、残業は時給×割増率、当然休日のサービス出勤なし。」

月給制の正社員で、

早出・残業:サービス

ストレス:サービス

サービス残業、サービス出勤を含めたら、その方の時給はいくらになるのかな?そりゃ、会社や人によって異なるから何とも言えないけれど。其処から、三大成人病の原因の一つの「ストレス」ってやつを割り引けば・・・・(先般同僚が、心筋梗塞で倒れたらしい)

兎に角、就職活動は文字の向こうを読み説くチカラが必要です。

時間の無駄だから、年齢・性別・身長・体重・握力・背筋力・一年にラーメンを食べる数・・・そして、必要な資格。なんかを明示してくれたら解りやすいのに。

一度しかない自分の人生はプライスレスです。(^◇^)