じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

有無。

f:id:hankakusaizou:20171002173559j:plain

ONSEN食堂

札幌市南区定山渓608−2 豊平峡温泉

紅葉が始まった豊平峡です。何年振りかでふくろうの湯・遊湯の露天を堪能できると思いきや、カラダの前も後ろにも絵を描いたガタイの良い強面の方々が4名ほどいらっしゃったくらいにして心穏やかではありませんが(;´・ω・)、じっとしているとほどなく退出。緊張が解け入浴客の安らぎの時間がやって来ました。(^^♪

いい露天風呂です。いいカレーです。(*^_^*)

f:id:hankakusaizou:20171002173608j:plain

今年は少し紅葉も遅めな感じですが、紅葉の始まりです。今週末くらいは萌える燃えるような赤が見られるかもしれません。

f:id:hankakusaizou:20171002173620j:plain

日の暮れも早くなってきました。季節って正直です。

気象学者ではありませんが、日本各地で平均気温が上がって地球温暖化などと険しい顔をして、一番の悪者はCO2だとかって言っているけど、本当は水蒸気量の多さってことが主たる原因でないのかと思うわけです。

水蒸気の多くは海で発生してるわけで、空気中に浮かんでいます。それが風やらなんやらで地表に運ばれたら、湿った空気は乾いた空気より重いものだから軽くなろうとして山にぶつかると雨を降らすわけです。もひとつは、異なる温度と湿度を持った空気の塊同士がぶつかると摩擦を起こして雷。冷たい温度が勝てば雪や雹。温かい音頭温度が勝てば雨って具合なんだろうと思うわけです。

仰向けになり小さなカラダを其れこそ太の字いやいや大の字にして露天風呂に浸かり青空に流れるを見つめていると、諸行無常って感覚がわかるようなわからないような。有るものは有るし、無いものは無い。

いい露天風呂といいカレーが有り、細かなぶつかり合いや勝ち負け、いわんやストレスが無いことがありがたいと思うのです。ゴクラクです。